校長挨拶

 

 校 長  高 橋  薫

 世界規模の大きな観点では地球環境の変化への対応やエネルギー問題の解決策,また,国及び地域においては人口減少や少子高齢化の急速な進行による産業の低迷化への対応が求められるなど,多くの問題と課題が私たちを取り巻いています。これらの問題と課題の克服のために,科学技術力を高め,世界や社会において活用することが強く期待されます。科学技術力を高め持続させていくためには,それを担う人材が必要となります。有明高専はまさにそのような人材を育成する教育・研究機関です。

 従来からの基礎的かつ重要な科学的・技術的知識を土台に,世の中の最新の知識を加えていくことで,高い科学技術力を得ることができます。そのため,教員は土台となる知識だけでなく,常に最新の科学技術の動向を把握し,学生教育に還元する努力を惜しまない姿勢で臨んでいます。有明高専では,そのために総合的なカリキュラムを構成し,講義に加えて,多くの創造実践型科目を用意しています。

 今年度からの新学科体制への移行は,近年の産業変化,技術変化に対応したさらに高みの科学技術力を学生の教育と研究に反映しようとする有明高専の決意の表れです。「創造工学科」という一学科の下,入学後2年後期に選べる6つのコースを導入しています。これによって,従来の専門分野に特化した知識・技術を得る各学科それぞれの人材育成ではなく,複数分野,融合・複合的分野の知識・技術を持った人材育成を可能とします。つまり,近年の社会が要求する多様で総合的かつ高度な科学技術力を持った人材の育成です。

 何にも増して重要なことは,「有明高専はイノベーティブなマインドを持った人材を育てる」ということです。ユニークで新しいアイディアから,意義のある価値を創造し,社会的・科学的・技術的な変革をもたらそうとする精神を有した人材の輩出機関となることが学校としての夢であり,責任と感じます。

 人材育成のみならず,出前授業や公開講座の実施による地域の学校や地域社会への貢献,産学官連携を通した産業の活性化への貢献などにも,校長,教職員が一丸となって取り組んでまいりますので,皆さまのご理解とご支援をよろしくお願い申しあげます。