教育研究技術支援センター

 高専は,実践的技術者の育成という教育目標を掲げていますので,カリキュラムにはかなりの時間の実験・実習が組み込まれています。学生の実験・実習には技術職員の指導が不可欠であり,技術職員は本校教育の重要な役割を担っています。
 近年,技術職員もさらなる技術の向上そして研究が求められるようになり,さらに他学科への支援も不可欠になることが見込まれ,教育研究技術支援センターが組織されました。
 センターでは,技術職員の技術力の向上を図るため,外部での技術研修に積極的に参加すると共に,学内でも年に数回の技術研修会を実施しています。また教員との共同研究や中学校への出前授業に参加する技術職員も増えつつあり,着実に技術力を向上させています。
朝礼 旋盤実習指導