募集要項概要

平成29年度 専攻科建築学専攻(2次募集)募集要項

平成29年度 専攻科学生募集要項

アドミッションポリシー(学生受入方針)

 専攻科の概要

 高専の専攻科は、高専5年間の教育課程の上に、より高度な専門知識と技術を教授し、創造的な研究開発や先端技術に対応できる人材を育成するために設けられた2年制の課程です。専攻科の課程を修了すれば、大学評価・学位授与機構の審査を受けて、「学士」の学位を取得できます。
 本校専攻科には、生産情報システム工学専攻、応用物質工学専攻、建築学専攻の3専攻があります。

 求める学生像

 本校専攻科は、豊かな教養と幅広い専門知識、学際的・複合的視野と倫理観、創造性と実践力を身につけた、ものづくりのための高度な実践的技術者を育成することをめざしています。そのため、本専攻科では次のような人の入学を歓迎します。
1) 工学の基礎を実践的に修得した人
2) 自ら課題を探求し、創造的な解決能力を身につけたいと考えている人
3) 工学のさまざまな分野に興味を持ち、学際的な領域についても勉強する意欲がある人
4) 技術を通じて、社会に貢献したいと考えている人
なお、実社会で活躍しながらキャリアアップしたいと考えている人なども歓迎します。

【生産情報システム工学専攻】
 生産情報システム工学専攻では、本科5年間で修得した各々の専門分野をさらに深く勉強します。それに加えて、広く工学分野一般についても見識を深め、複眼的な見方のできる技術者をめざします。そのため、本専攻では次のような人の入学を歓迎します。
1) 機械・電気・情報いずれかの専門分野をすでに修め、さらに深く専門分野を勉強する意欲がある人
2) 工学の広い分野に興味があり、学際的な領域についても勉強する意欲がある人
3) 与えられたテーマの中で、自分の研究を自ら計画し実践していく意欲がある人

【応用物質工学専攻】
 応用物質工学専攻では、高専本科5年間の教育課程で修得した基礎学力を基盤として、化学技術やバイオ関連技術の進展に対応しうる高度な知識と技術を有する技術者の養成をめざしています。そのため、本専攻では次のような人の入学を歓迎します。
1) 化学や生物などの自然科学について基本の知識をもち、それを身近な問題に応用できる人
2) 学際領域にわたる幅広い専門知識を修得し、高い独創力や解析能力を身につける意欲がある人
3) グローバルな視点で物事を考えることができ、倫理観がある人

【建築学専攻】
 建築学専攻では、本科で修得した一般および専門の基礎学力を土台として、創造性に富み、かつ実践的技術力の高い建築技術者の育成をめざしています。そのため、本専攻では次のような人の入学を歓迎します。
1) 豊かな生活空間の創造に意欲的に取り組める人
2) 建築の計画、構造、設備などの基礎的知識を習得している人
3) 学際的な幅広い専門知識と設計演習や実験・実習を通した実践的技術を修得したいと考えている人

 育成しようとする技術者像

 本校専攻科では、工業生産活動(機械、電気、電子情報、物質、建築)における諸課題を自ら発掘し、多角的な視点に立って諸問題を解決するため、工学の専門知識と複合的・学際的知識を総合した判断力と問題解決能力を備えた高度な実践的技術者の育成を目指しています。さらにはこれらの教育を通じて、人々に優しく、自然と共存できる技術の開発に携わり、環境問題・食糧問題・エネルギー問題など今日的な諸課題について柔軟に対応できる技術者を育成することを目的としています。
 学習・教育到達目標については専攻科案内の教育理念学習・教育到達目標をご覧ください。

 技術者教育プログラム

 本校は平成16年度から日本技術者教育認定機構(JABEE)のプログラムに認定されました。本プログラムの修了には、本校が定める「複合生産システム工学」プログラムの修了要件及び学士の学位の取得を満たす必要があります。
 このため、有明高専以外から本校専攻科を受験される場合には、出身校での取得単位について、本校規定に従って読み替えを行い、専攻科設置科目の履修によってプログラムの修了要件を満たすことが可能かを確認します。したがって、有明高専以外から本校専攻科を受験(推薦選抜、学力による選抜[前期・後期][社会人を含む])される方は、それぞれ入学願書受付開始日の2週間前までに本校学生課教務係にお問い合わせください。

 選抜方法等

募集定員・選抜方法については、下記のとおりです。
【募集人員】

専攻名 募集人員
生産情報システム工学専攻 12名
応用物質工学専攻 4名
建築学専攻 4名


【選抜方法】
 入学者の選抜は、次の方法で行います。

選抜区分 試験日
推薦による選抜 高等専門学校卒
業見込みの者
(詳細)
平成28年
6月9日(木)
社会人
(詳細)
平成28年
11月9日(水)
学力による選抜
(社会人も含む)
前期
(詳細)
平成28年
7月1日(金)
後期
(詳細)
平成28年
11月9日(水)

出願書類の個人情報保護

入学志願者から提出された関係書類に記載されている情報および選抜に用いた成績・評価など取得した個人情報は、入学者選抜の資料としての利用および次の目的以外には使用しません。
(1) 入学後の教育・指導
(2) 入学料・授業料の免除申請の審査
(3) 奨学金申請の審査
(4) 本校および国立高等専門学校全体の教育制度・入学者選抜制度の改善のための調査・研究

募集要項の請求

 募集要項は、本校学生課教務係に請求してください。
 郵送(1部)を希望される場合は、返信用封筒(角形2号(縦33cm×横24cm)の封筒に、郵便番号・あて先を明記し、250円の切手を貼ったもの)を同封して申し込んでください。
 募集要項等に関する詳細は、下記へ照会してください。

有明工業高等専門学校 学生課教務係
〒836-8585 福岡県大牟田市東萩尾町150
TEL 0944-53-8622(学生課教務係)
FAX 0944-53-8862(学生課)

 

推薦選抜(高専卒見込み者)

平成29年度 専攻科学生募集要項

出願資格

次の1),および,2)をともに満たす者
1)平成29年3月に高等専門学校卒業見込みの者で、学業成績および人物が優れていると認められる者
2)試験実施日の2年前以内にTOEIC公開テスト又はTOEIC IPテストを受験し、350点以上の成績を有する者

出願手続

 願書受付

期 間平成28年5月20日(金)から平成28年5月25日(水)まで。
(郵送の場合も、5月25日(水)までに必着のこと。)
※有明高専以外から受験される方は、入学願書受付開始日の2週間前までに本校学生課教務係にお問い合わせください。
時 間午前9時から午後4時まで。
場 所836-8585 大牟田市東萩尾町150 有明工業高等専門学校 学生課教務係

 出願の方法等

1)志願者は、出願に必要な書類等を整えて、提出してください。
2)郵送の場合は、本校所定の封筒を使用し、必ず書留としてください。

 出願に必要な書類等

(1)入学願書本校所定の用紙に必要事項を記入してください。
(2)入学志願者志望調書本校所定の用紙に必要事項を記入してください。
(3)写真票・受験票写真は、出願3ヶ月以内に撮影した正面・上半身脱帽のもの(縦40mm×横30mm)とし、所定の位置に貼付してください。
(4)入学志願者調査書本校所定の用紙により、在籍する学校の長が作成し、厳封したものを提出してください。
(5)入学志願者推薦書本校所定の用紙により、在籍する学校の長が作成したものを提出してください。
(6)入学検定料16,500円。
本要項に綴り込みの「入学検定料振込依頼書」により志願者本人の氏名で振込の後、「検定料振込証明書(学校提出用)」を「入学検定料振込証明書」貼付欄に貼付けてください。
(7)受験票送付用封筒受験票の郵送を希望する志願者のみ提出してください。
本校所定の封筒に住所、氏名および郵便番号を明記し、362円分の切手を貼付して提出してください。
(7)受験票送付用封筒受験票の郵送を希望する志願者のみ提出してください。
本校所定の封筒に志願者の住所、氏名および郵便番号を明記し、362円分の切手を貼付してください。
(8)選抜結果用あて名票本校所定の用紙に必要事項を記入してください。
(9)TOEICスコアTOEICスコア及びその取得時期を証明する「公式認定証」又は「個人成績表」の写しを添付してください。
(10)その他現に日本国内に在住する外国人は、市区町村長が発行する「外国人登録済証明書」を提出してください。

 出願に関する注意事項

1)出願書類の不備なものは受け付けません。
2)提出した出願書類に虚偽の記載があった場合は、入学後であっても入学を取り消すことがあります。
3)願書提出後の記載事項の変更は認めません。
4)受理した出願書類および検定料は、いかなる理由があっても返還しません。ただし、次の要件のいず
 れかに該当する場合は、納入済みの入学検定料を返還します。
  ①入学検定料を振込んだが本校に出願しなかった場合。(出願書類を提出しなかったまたは出願を
   受理されなかった)
  ②入学検定料を誤って二重に振込んだ場合。
※ 上記の入学検定料返還要件に該当する場合は、別紙様式により必要事項を記入後、出願予定の選抜
 試験の願書受付期間終了後に学生課教務係まで速やかに連絡願います。
    連絡先:〒836-8585 大牟田市東萩尾町150
        有明工業高等専門学校 学生課教務係
        TEL:0944-53-8622 FAX:0944-53-8862

選抜の方法

入学者の選抜は、面接(専門科目に関する口頭試問を含む)、志望調書、調査書、推薦書を総合して行います。
【選抜日時】
 平成28年 6月9日(木)午後2時から
 (注)午後1時30分までに本校学生課前に集合してください。
【選抜場所】
 有明工業高等専門学校

選抜結果の発表

【発表日時】
 平成28年 6月16日(木)午前10時
【発表方法】
 本校に合格者の受験番号を掲示するとともに、受験者に合否の通知書を送付します。
 (電話等による合否の問い合わせには一切応じません。)
 また、同時刻にインターネット上の有明高専の URL(https://www.ariake-nct.ac.jp/)で合格者の受験番号を発表する予定です。

入学確約書の提出

 合格通知を受けた人は、平成28年 6月23日(木)までに「入学確約書」を提出してください。
 期日までに「入学確約書」が提出されない場合は、入学の意志がないものとして処理します。

入学手続き

入学の手続きは、平成29年3月に行います。入学確約書を提出した人に、別途通知します。

選抜の結果,合格とならなかった場合の取り扱い

 「推薦による選抜」の結果、合格とならなかった場合で、学力による選抜(前期)の受験を希望するときは、再度、出願の手続きを行ってください。
 なお、再出願する場合は、志望調書、調査書の提出は必要ありませんが、検定料は必要です。 

推薦選抜(社会人)

平成29年度 専攻科学生募集要項

出願資格

 次のいずれかに該当し、所属する企業等の長又は出身学校長等が、勤務成績又は学業成績、人物ともに優れていると認め推薦する者で、出願時において企業等に2年以上在籍した経験がある者。
1) 高等専門学校を卒業した者
2) 短期大学を卒業した者
3) 専修学校の専門課程を修了した者のうち学校教育法第132条の規定により大学に編入学することができるもの
4) 外国において、学校教育における14年の課程を修了した者
5) 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における14年の課程を修了した者および平成29年3月までに修了見込みの者
6) その他、高等専門学校を卒業した者と同等以上の学力があると学校長が認めた者

出願手続

 願書受付

期 間平成28年10月24日(月)から平成28年10月27日(木)まで。
(郵送の場合も、10月27日(木)までに必着のこと。)
※有明高専以外から受験される方は、入学願書受付開始日の2週間前までに本校学生課教務係にお問い合わせください。
時 間午前9時から午後4時まで。
場 所836-8585 大牟田市東萩尾町150 有明工業高等専門学校 学生課教務係

 出願の方法等

1)志願者は、出願に必要な書類等を整えて、提出してください。
2)郵送の場合は、本校所定の封筒を使用し、必ず書留としてください。

 出願に必要な書類等

(1)入学願書本校所定の用紙に必要事項を記入してください。
(2)入学志願者志望調書本校所定の用紙に必要事項を記入してください。
(3)写真票・受験票写真は、出願3ヶ月以内に撮影した正面・上半身脱帽のもの(縦40mm×横30mm)とし、所定の位置に貼付してください。
(4)入学志願者調査書○ 本校所定の用紙により、出身学校長又は学長が作成し、厳封したものを提出してください。
○ 出願資格 3)により出願する場合は、次の証明書をあわせて提出してください。
(ア)専修学校が発行する修業年限2年以上で、かつ、修了に必要な総授業時間数が1700時間以上の専門課程を修了したことを証明する証明書
(イ)専修学校の専門課程の学科の分野や履修内容が確認できる書類
○ 出願資格 4)により出願する場合は、出願資格にかかる最終学校の成績証明書を調査書に代えて提出してください。
(5)入学志願者推薦書本校所定の用紙により、所属する企業等の長又は出身学校長等が作成したものを提出してください。
(6)出願承諾書企業等に在職のまま入学を希望する志願者のみ提出してください。
本校所定の用紙により、所属長が作成したものを提出してください。
(7)入学検定料16,500円。
本要項に綴り込みの「入学検定料振込依頼書」により志願者本人の氏名で振込の後、「検定料振込証明書(学校提出用)」を「入学検定料振込証明書」貼付欄に貼付けてください。
(8)受験票送付用封筒受験票の郵送を希望する志願者のみ提出してください。
本校所定の封筒に住所、氏名および郵便番号を明記し、362円分の切手を貼付して提出してください。
(9)選抜結果用あて名票本校所定の用紙に必要事項を記入してください。
(10)その他現に日本国内に在住する外国人は、市区町村長が発行する「外国人登録済証明書」を提出してください。

 出願に関する注意事項

1)学力による選抜(前期)に出願した人は、志願調書、調査書の提出は必要ありません。
2)出願書類の不備なものは受け付けません。
3)提出した出願書類に虚偽の記載があった場合は、入学後であっても入学を取り消すことがあります。
4)願書提出後の記載事項の変更は認めません。
5)受理した出願書類および検定料は、いかなる理由があっても返還しません。ただし、次の要件のいず
 れかに該当する場合は、納入済みの入学検定料を返還します。
  ①入学検定料を振込んだが本校に出願しなかった場合。(出願書類を提出しなかったまたは出願を
   受理されなかった)
  ②入学検定料を誤って二重に振込んだ場合。
※ 上記の入学検定料返還要件に該当する場合は、別紙様式により必要事項を記入後、出願予定の選抜
 試験の願書受付期間終了後に学生課教務係まで速やかに連絡願います。
    連絡先:〒836-8585 大牟田市東萩尾町150
        有明工業高等専門学校 学生課教務係
        TEL:0944-53-8622 FAX:0944-53-8862

選抜の方法

入学者の選抜は、面接(専門科目に関する口頭試問を含む)、志望調書、調査書、推薦書を総合して行います。
【選抜日時】
 平成28年11月9日(水)午前9時30分から
 (注)午前9時までに本校学生課前に集合してください。
【選抜場所】
 有明工業高等専門学校

選抜結果の発表

【発表日時】
 平成28年11月16日(水)午前10時
【発表方法】
 本校に合格者の受験番号を掲示するとともに、受験者に合否の通知書を送付します。
 (電話等による合否の問い合わせには一切応じません。)
 また、同時刻にインターネット上の有明高専の URL(https://www.ariake-nct.ac.jp/)で合格者の受験番号を発表する予定です。

入学確約書の提出

 合格通知を受けた人は、平成28年11月30日(水)までに「入学確約書」を提出してください。
 期日までに「入学確約書」が提出されない場合は、入学の意志がないものとして処理します。

入学手続き

入学の手続きは、平成29年3月に行います。入学確約書を提出した人に別途通知します。

学力選抜(前期)

平成29年度 専攻科学生募集要項

出願資格

① 次のいずれかに該当する者。
 1) 高等専門学校を卒業した者および平成29年3月卒業見込みの者
 2) 短期大学を卒業した者および平成29年3月卒業見込みの者
 3) 専修学校の専門課程を修了した者のうち学校教育法第132条の規定により大学に編入学す
  ることができるものおよび平成29年3月までに同要件を満たす見込みのもの
 4) 外国において、学校教育における14年の課程を修了した者および平成29年3月までに修了
  見込みの者
 5) 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該
  外国の学校教育における14年の課程を修了した者および平成29年3月までに修了見込みの者
 6) その他、高等専門学校を卒業した者と同等以上の学力があると学校長が認めた者

② 英語において、試験実施日の2年前以内にTOEIC公開テスト又はTOEIC IPテストを受験し、
 「公式認定証」又は「個人成績表」を有する者。

出願手続き

願書受付

期 間平成28年6月20日(月)から平成28年6月23日(木)まで。
(郵送の場合も、6月23日(木)までに必着のこと。)
※有明高専以外から受験される方は、入学願書受付開始日の2週間前までに本校学生課教務係にお問い合わせください。
時 間午前9時から午後4時まで。
場 所836-8585 大牟田市東萩尾町150 有明工業高等専門学校 学生課教務係

出願の方法等

1)志願者は、出願に必要な書類等を整えて、提出してください。
2)郵送の場合は、本校所定の封筒を使用し、必ず書留としてください。

出願に必要な書類等

(1)入学願書本校所定の用紙に必要事項を記入してください。
(2)入学志願者志望調書本校所定の用紙に必要事項を記入してください。
(3)写真票・受験票写真は、出願3ヶ月以内に撮影した正面・上半身脱帽のもの(縦40mm×横30mm)とし、所定の位置に貼付してください。
(4)入学志願者調査書○ 本校所定の用紙により、出身(在籍)学校長又は学長が作成し、厳封したものを提出してください。
○ 出願資格 3)により出願する場合は、次の証明書をあわせて提出してください。
(ア)専修学校が発行する修業年限2年以上で、かつ、修了に必要な総授業時間数が1700時間以上の専門課程を修了したこと、又は修了する見込みであることを証明する書類
(イ)専修学校の専門課程の学科の分野や履修内容が確認できる書類
○ 出願資格 4)により出願する場合は、出願資格にかかる最終学校の成績証明書を調査書に代えて提出してください。
(5)出願承諾書企業等に在職のまま入学を希望する志願者のみ提出してください。
本校所定の用紙により、所属長が作成したものを提出してください。
(6)入学検定料16,500円。
本要項に綴り込みの「入学検定料振込依頼書」により志願者本人の氏名で振込の後、「検定料振込証明書(学校提出用)」を「入学検定料振込証明書」貼付欄に貼付けてください。
(7)受験票送付用封筒受験票の郵送を希望する志願者のみ提出してください。
本校所定の封筒に住所、氏名および郵便番号を明記し、362円分の切手を貼付して提出してください。
(8)選抜結果用あて名票本校所定の用紙に必要事項を記入してください。
(9)TOEICスコアTOEICスコア及びその取得時期を証明する「公式認定証」又は「個人成績表」の写しを添付してください。
(10)その他現に日本国内に在住する外国人は、市区町村長が発行する「外国人登録済証明書」を提出してください。

出願に関する注意事項

1)出願書類の不備なものは受け付けません。
2)提出した出願書類に虚偽の記載があった場合は、入学後であっても入学を取り消すことがあります。
3)願書提出後の記載事項の変更は認めません。
4)受理した出願書類および検定料は、いかなる理由があっても返還しません。ただし、次の要件のいず
 れかに該当する場合は、納入済みの入学検定料を返還します。
  ①入学検定料を振込んだが本校に出願しなかった場合。(出願書類を提出しなかったまたは出願を
   受理されなかった)
  ②入学検定料を誤って二重に振込んだ場合。
※ 上記の入学検定料返還要件に該当する場合は、別紙様式により必要事項を記入後、出願予定の選抜
 試験の願書受付期間終了後に学生課教務係まで速やかに連絡願います。
    連絡先:〒836-8585 大牟田市東萩尾町150
        有明工業高等専門学校 学生課教務係
        TEL:0944-53-8622 FAX:0944-53-8862

選抜の方法

 入学者の選抜は、学力検査(英語についてはTOEIC換算)、面接、出身(在籍)学校長から提出された調査書を
総合して行います。
【選抜日時】

期日科目等時間
平成28年7月1日(金)数学9時45分~10時45分
専門科目11時00分~12時30分
面接13時20分~
(注)9時15分までに本校学生課前に集合してください。


【選抜場所】
 有明工業高等専門学校

【学力検査科目及び出題の範囲】

検査科目出題の範囲
英語試験は実施せず、出願時に提出された証明にもとづく換算得点を用いる
数学数学の基礎分野,
微分積分(偏微分,2重積分,微分方程式を含む),
線形代数



生産情報システム工学専攻次の①~③のうちいずれかを選択
①機械系「材料力学」、「水力学」、「熱力学」、「制御工学」、「メカトロ・情報」、「機械工作法(材料学・精密加工)」のうちから選択する3科目(選択)
②電気系「電気磁気学」、「電気回路」の2科目(必須)と、「電子回路」、「電気機器」、「情報処理」のうちから選択する2科目との4科目(選択)
③電子情報系「電子工学(電気・電子回路、論理回路)」、「情報工学(プログラミング(C言語)、計算機工学・OS)」の2科目(必須)
応用物質工学専攻「無機化学」、「有機化学」、「物理化学」、「生物化学」のうちから選択する2科目(選択)
※本校で準備する関数電卓の使用を認めます。
建築学専攻「建築設計」、「構造力学」の2科目(必須)

※ 英語の検査科目の得点について、TOEICスコアを以下の計算式に基づき算出し、100点を上限とする。

  英語換算式      入試得点=TOEICスコア×0.15

【注意事項】
 試験当日は、携帯電話・スマートフォン・タブレット端末等の電源は切って、カバンの中にしまって受験して下さい。また、腕時計型や眼鏡型などのウェアラブル端末も身につけておくことはできません。

選抜結果の発表

【発表日時】
 平成28年7月8日(金)午前10時
【発表方法】
 本校に合格者の受験番号を掲示するとともに、受験者に合否の通知書を送付します。
 (電話等による合否の問い合わせには一切応じません。)
 また、同時刻にインターネット上の有明高専の URL(https://www.ariake-nct.ac.jp/)で合格者の受験番号を発表する予定です。

入学確約書の提出

 合格通知を受けた人は、平成28年7月15日(金)までに「入学確約書」を提出してください。
 期日までに「入学確約書」が提出されない場合は、入学の意志がないものとして処理します。

入学手続き

入学の手続きは、平成29年3月に行います。入学確約書を提出した人に別途通知します。

選抜の結果,合格とならなかった場合の取り扱い

「学力による選抜(前期)」の結果、合格とならなかった場合で、学力による選抜(後期)の受験を希望するときは、再度、出願手続きを行ってください。
 なお、再出願する場合は、志望調書、調査書の提出は必要ありませんが、検定料は必要です。 

学力選抜(後期)

平成29年度 専攻科学生募集要項

出願資格

① 次のいずれかに該当する者。
 1) 高等専門学校を卒業した者および平成29年3月卒業見込みの者
 2) 短期大学を卒業した者および平成29年3月卒業見込みの者
 3) 専修学校の専門課程を修了した者のうち学校教育法第132条の規定により大学に編入学す
  ることができるものおよび平成29年3月までに同要件を満たす見込みのもの
 4) 外国において、学校教育における14年の課程を修了した者および平成29年3月までに修了
  見込みの者
 5) 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該
  外国の学校教育における14年の課程を修了した者および平成29年3月までに修了見込みの者
 6) その他、高等専門学校を卒業した者と同等以上の学力があると学校長が認めた者

② 英語において、試験実施日の2年前以内にTOEIC公開テスト又はTOEIC IPテストを受験し、
 「公式認定証」又は「個人成績表」を有する者。

出願手続

 願書受付

期 間平成28年10月24日(月)から平成28年10月27日(木)まで
(郵送の場合も、10月27日(木)までに必着のこと。)
※有明高専以外から受験される方は、入学願書受付開始日の2週間前までに本校学生課教務係にお問い合わせください。
時 間午前9時から午後4時まで。
場 所836-8585 大牟田市東萩尾町150 有明工業高等専門学校 学生課教務係

 出願の方法等

  1)志願者は、出願に必要な書類等を整えて、提出してください。
  2)郵送の場合は、本校所定の封筒を使用し、必ず書留としてください。

 出願に必要な書類等

(1)入学願書本校所定の用紙に必要事項を記入してください。
(2)入学志願者志望調書本校所定の用紙に必要事項を記入してください。
(3)写真票・受験票写真は、出願3ヶ月以内に撮影した正面・上半身脱帽のもの(縦40mm×横30mm)とし、所定の位置に貼付してください。
(4)入学志願者調査書○ 本校所定の用紙により、出身(在籍)学校長又は学長が作成し、厳封したものを提出してください。
○ 出願資格 3)により出願する場合は、次の証明書をあわせて提出してください。
(ア)専修学校が発行する修業年限2年以上で、かつ、修了に必要な総授業時間数が1700時間以上の専門課程を修了したこと、又は修了する見込みであることを証明する書類
(イ)専修学校の専門課程の学科の分野や履修内容が確認できる書類
○ 出願資格 4)により出願する場合は、出願資格にかかる最終学校の成績証明書を調査書に代えて提出してください。
(5)出願承諾書企業等に在職のまま入学を希望する志願者のみ提出してください。
本校所定の用紙により、所属長が作成したものを提出してください。
(6)入学検定料16,500円。
本要項に綴り込みの「入学検定料振込依頼書」により志願者本人の氏名で振込の後、「検定料振込証明書(学校提出用)」を「入学検定料振込証明書」貼付欄に貼付けてください。
(7)受験票送付用封筒受験票の郵送を希望する志願者のみ提出してください。
本校所定の封筒に住所、氏名および郵便番号を明記し、362円分の切手を貼付して提出してください。
(8)選抜結果用あて名票本校所定の用紙に必要事項を記入してください。
(9)TOEICスコアTOEICスコア及びその取得時期を証明する「公式認定証」又は「個人成績表」の写しを添付してください。
(10)その他現に日本国内に在住する外国人は、市区町村長が発行する「外国人登録済証明書」を提出してください。

 出願に関する注意事項

 1)出願書類の不備なものは受け付けません。
 2)提出した出願書類に虚偽の記載があった場合は、入学後であっても入学を取り消すことがあります。
 3)願書提出後の記載事項の変更は認めません。
 4)受理した出願書類および検定料は、いかなる理由があっても返還しません。ただし、次の要件のいず
  れかに該当する場合は、納入済みの入学検定料を返還します。
  ①入学検定料を振込んだが本校に出願しなかった場合。(出願書類を提出しなかったまたは出願を
   受理されなかった)
  ②入学検定料を誤って二重に振込んだ場合。
※ 上記の入学検定料返還要件に該当する場合は、別紙様式により必要事項を記入後、出願予定の選抜
 試験の願書受付期間終了後に学生課教務係まで速やかに連絡願います。
    連絡先:〒836-8585 大牟田市東萩尾町150
        有明工業高等専門学校 学生課教務係
        TEL:0944-53-8622 FAX:0944-53-8862

選抜の方法

入学者の選抜は、学力検査(英語についてはTOEIC換算)、面接、出身(在籍)学校長から提出された調査書を
総合して行います。
【選抜日時】

期日科目等時間
平成28年11月9日(水)数学9時45分~10時45分
専門科目11時00分~12時30分
面接13時20分~
(注)9時15分までに本校学生課前に集合してください。


【選抜場所】
 有明工業高等専門学校

【学力検査科目及び出題の範囲】

検査科目出題の範囲
英語試験は実施せず、出願時に提出された証明にもとづく換算得点を用いる
数学数学の基礎分野,
微分積分(偏微分,2重積分,微分方程式を含む),
線形代数



生産情報システム工学専攻次の①~③のうちいずれかを選択
①機械系「材料力学」、「水力学」、「熱力学」、「制御工学」、「メカトロ・情報」、「機械工作法(材料学・精密加工)」のうちから選択する3科目(選択)
②電気系「電気磁気学」、「電気回路」の2科目(必須)と、「電子回路」、「電気機器」、「情報処理」のうちから選択する2科目との4科目(選択)
③電子情報系「電子工学(電気・電子回路、論理回路)」、「情報工学(プログラミング(C言語)、計算機工学・OS)」の2科目(必須)
応用物質工学専攻「無機化学」、「有機化学」、「物理化学」、「生物化学」のうちから選択する2科目(選択)
※本校で準備する関数電卓の使用を認めます。
建築学専攻「建築設計」、「構造力学」の2科目(必須)

※ 英語の検査科目の得点について、TOEICスコアを以下の計算式に基づき算出し、100点を上限とする。

     入試得点=TOEICスコア×0.15

【注意事項】
 試験当日は、携帯電話・スマートフォン・タブレット端末等の電源は切って、カバンの中にしまって受験して下さい。また、腕時計型や眼鏡型などのウェアラブル端末も身につけておくことはできません。

選抜結果の発表

【発表日時】
 平成28年11月16日(水)午前10時
【発表方法】
 本校に合格者の受験番号を掲示するとともに、受験者に合否の通知書を送付します。
 (電話等による合否の問い合わせには一切応じません。)
 また、同時刻にインターネット上の有明高専の URL(https://www.ariake-nct.ac.jp/)で合格者の受験番号を発表する予定です。

入学確約書の提出

 合格通知を受けた人は、平成28年11月30日(水)までに「入学確約書」を提出してください。
 期日までに「入学確約書」が提出されない場合は、入学の意志がないものとして処理します。

入学手続き

入学の手続は、平成29年3月に行います。入学確約書を提出した人に別途通知します。

専攻科の概要

平成29年度 専攻科学生募集要項

教育理念,学習・教育到達目標

 有明高専では教育理念として「幅広い工学基礎と豊かな教養を基盤に、創造性・多様性・学際性・国際性に富む実践的な高度技術者の育成」を掲げ、5年間の一貫教育を実施しています。専攻科は、その教育理念に基づく教育基盤の上に急激に進展する社会に適応できる自己啓発・向上能力を高めるために、実験、実習、演習、研究活動を重視した教育を行い、21世紀を担いうる高度な実践的技術者を育成するため、本科と専攻科を通して以下の学習・教育到達目標を掲げています。

教育課程

教育課程(専攻科)

学位の取得

 本校専攻科を修了し、一定の条件を満たした者については、大学改革支援・学位授与機構が定める手続きを経て、「学士」の学位を取得できます。

平成28年3月修了生の主な進路

【生産情報システム工学専攻】
凸版印刷㈱、マツダ㈱、㈱カンセツ、㈱NTTデータ、㈱ニッセイコム、㈱ASKプロジェクト、㈱ソフトサービス、木村情報技術㈱、東京工業大学大学院(2名)、九州工業大学大学院、九州大学大学院(4名)、熊本大学大学院、佐賀大学大学院
【応用物質工学専攻】
和光純薬㈱、㈱JNC、DIC㈱、京都大学大学院、九州大学大学院

【建築学専攻】
JFEシビル㈱、鹿島建設㈱、㈱竹中工務店、JR九州㈱、㈱建築企画コム・フォレスト

入学手続き時に要する諸経費

○入学料 納付金額84,600円(予定額)
○教科書等25,000円~50,000円程度 

注)授業料については、入学後に銀行口座から自動引き落としとなります。
 授業料は次の通り予定されています。
 年額 234,600円 (前期分 117,300円 後期分 117,300円)

免除制度等

【入学料免除・徴収猶予制度】
 入学前1年以内において、入学する者の学資を主として負担している者(学資負担者)が死亡した場合、又は入学する者若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けた場合など、特別な事情により入学料の納付が著しく困難であると認められる者には、申請に基づき選考の上、入学料の全額又は半額を免除し、あるいは、その徴収を猶予することがあります。

【授業料免除・徴収猶予制度】
 経済的理由により授業料の納付が困難であり、かつ、学業成績優秀と認められる者、風水害等による災害を受け納付困難と認められる者には、申請に基づき選考の上、授業料の全額又は半額を免除し、あるいは、その徴収を猶予することがあります。

【奨学金制度】
 人物・学業成績ともに優れ、かつ、経済的理由により就学が困難な学生に対し、申請に基づき選考の上、学資を貸与する制度があり、その区分と貸与月額(平成28年度日本学生支援機構)は次のとおりです。
【第1種奨学金】

区分貸与月額
自宅通学者45,000円
自宅外通学者51,000円

【第2種奨学金】

区分貸与月額
自宅通学者30,000円・50,000円・80,000円・100,000円・120,000円のいずれか
自宅外通学者同上

学生寮

 男子寮、女子寮があります。
 寮費は食費を含め月額約34,000円です。寄宿料は月額800円です。
 なお、入寮希望者が収容可能人員を超える場合は選考を行うことがあります。
 また、疾病その他の理由により寮での共同生活に適さないと認められる場合は入寮できないこともあります。

専攻科入学試験 過去の学力検査問題