建築学科

学科紹介

 建築技術者は,人間の社会生活をはぐくむ自然や風土に調和した,豊かな美しい生活空間を創造し,そのことによって文化の発展に寄与するという使命を担っています。また,最近の建物は都市化の進展に伴い巨大化・複合化し,そのためにCADシステムを利用した設計や最新の建設機械を導入した施工が行われるまでに至っています。また,一方では各種の文化的,歴史的,環境的な要因にも目を向け,新しい,より人間的な建築理念の確立への追及が活発となってきています。
 建築学科では,このような幅広い専門分野を計画系,環境系,構造系,生産系の4つの系に整理して内容の資質向上を図り,これらによって建築学の基礎知識・技術を修得し,さらに芸術的センスの養成にまで力を注いでいます。具体的には,講義をはじめ,これらにかかわる実験・実習,設計演習,CAD演習,学外研修,さらには卒業研究と卒業設計など多彩なカリキュラムを編成して実践的な建築技術者の養成を目指しています。

建築設計演習1 コンクリート打設

建築設計演習2 材料実験

 

教育上の目的

(1) 多様化する建築界において新しい技術や課題に対応するため基礎学力と幅広い専門知識を有する人材の育成
(2) 人間の生活環境を豊かにするための創造力や社会で直面するさまざまな課題を解決する総合力・問題解決能力を有する人材の育成
(3) 建築に対する興味や技術的関心,倫理観や向上心と自立心に支えられた建築技術者としての資質を持った人材の育成

設備

室名 主な設備
材料実験室 ボール盤,乾燥機,ウルトラソニースコープ,工作台,各種作業工具
製図室 製図台(平行定規)
木工室 万能丸鋸盤,測量機器
構造実験室 アムスラー型万能試験機(2000kN,500kN),疲労試験機(200kN,50kN),油圧サーボ式構造試験機,電磁型振動台,光弾性実験装置,電気抵抗ひずみ計,各種記録器,輝度計,照度計,騒音計,高速度レベル記録機,日射計
CAD室 コンピュータ,プリンタ,プロッタ,プロジェクタ
設計演習室 石膏像,ビデオ装置,スライド映写機,製図台(平行定規)
コンクリート実験室 恒温恒湿槽,電気溶接機,ガス溶断機,切断機,可搬傾胴型ミキサー
マルチメディア室 サーバ,コンピュータ,プリンタ,プロジェクタ

修学・進路選択に係る支援

 就職は学科長,進学は5年担任が主に担当します。4年生の12月から学科内面接やSPI試験を行います。4年生が卒業生の仕事等の話を聞く機会や,3・4年生が5年生の就職・進学の取組等の話を聞く機会を設けています。

卒業生の主な就職先(最近5年間)

(株)旭化成,(株)あい設計,(株)朝日工業社,上村建設(株),(株)衛星都市計画,(株)エスパス建築事務所,(株)縁,(株)NTTファシリティーズ九州,大木町,(株)大林組,鹿島クレス(株),関西電力(株),九鉄工業(株),九州旅客鉄道(株),(株)鴻池組,五洋建設(株),三軌建設(株),三機工業(株),ジーク(株),清水建設(株),新菱冷熱工業(株),ジョンソンコントロールズ(株),新日本空調(株),ダイダン(株),高砂熱学工業(株), (株)竹中工務店,(株)TAK-QS,鉄建建設(株),東急建設(株),東京ガス(株),東レ建設(株),戸田建設(株),西松建設(株),(株)日立建設設計,パナソニックホームエンジニアリング(株), (有)福岡構造設計,(有)福岡構造,福岡市, (株)フジタ,防衛省,松井建設(株),松尾建設(株),三菱化学エンジニアリング(株),山本設備工業(株),リボンガス(株)