入試成績開示申請

平成29年度の学力検査による入学者選抜を受検した者の入試成績の開示について

Adobe_PDF_file_icon_24x24 平成29年度の学力検査による入学者選抜を受検した者の入試成績の開示について

Adobe_PDF_file_icon_24x24 入試成績開示申請書

目次

募集要項概要

Ⅰ アドミッションポリシー(学生受け入れ方針)

選抜の区分

 選抜の区分は次のとおりです。

  A 推薦による選抜

  B 学力による選抜

募集人員

学   科

募集人員

備       考

創 造 工 学 科

200名

推薦による選抜の募集人員は、200名のうち100名程度とします。

求める学生像

有明工業高等専門学校(有明高専)では、本科5年間と専攻科2年間を有機的に連携させた教育プログラムを通し、幅広い工学基礎と豊かな教養を基盤に、創造性、多様性、学際性、国際性に富む実践的な高度技術者の育成を目指します.特に、人の営みから発生する課題や自然災害などがもたらす課題など人類が直面する大きな課題の解決に率先して取り組み、現代社会が抱える様々な課題を解決できるとともに、未来へ希望をつなぐ技術を創成できる技術者の育成を図るため、有明高専では基礎学力のある中学校卒業生等で次のような人を求めています。

1)ものづくりに興味がある人

2)チャレンジ精神がある人

3)他の人と協力して作業ができる人

4)物事を粘り強くやり続けることができる人

5)社会に貢献したいと考えている人

平成28年度からの学科再編について

(1)1学科・2系・6コースの体制について(下図参照) 

 有明高専は、平成28年度から、これまでの5学科体制(機械工学科・電気工学科・電子情報工学科・物質工学科・建築学科)を「創造工学科」(定員200名、40名×5学級)の1学科体制に変更しました。第1学年と第2学年前期の1年半の期間は共通教育期間となります。

 第2学年後期から「環境・エネルギー工学系」と「人間・福祉工学系」に分かれます。

 「環境・エネルギー工学系」では自然と向き合い、環境問題、エネルギー問題および食糧問題などの諸課題に取り組む技術者の育成を目指します。この系は、これらの諸課題に対応するため「エネルギー」、「化学」、「環境生命」をそれぞれの教育の柱とした「エネルギーコース」、「応用化学コース」および「環境生命コース」の3つのコースで構成されます。

 「人間・福祉工学系」は、人々の生活の質の向上を目指して、都市問題、高齢化社会問題などの諸課題に取り組む技術者の育成を目指します。この系は、これらの諸課題に対応するため「知能機械・福祉工学」、「情報システム」、「建築デザイン」をそれぞれの教育の柱とした「メカニクスコース」、「情報システムコース」、「建築コース」の3つのコースで構成されます。

02

(2)教育方針およびコースの決定方法について

 創造工学科の定員は200名です。第1学年と第2学年前期までの1年半の期間では、全学共通の一般科目と専門基礎科目を学習し、専門教育(コース)への興味・関心を高め、自身の適性を考えるための共通教育期間となります。

 第2学年後期からは、社会の課題解決に対応しうる実践的技術者の養成を図るための「エネルギーコース」・「応用化学コース」・「環境生命コース」、「メカニクスコース」・「情報システムコース」・「建築コース」の6つの専門コースに分化した専門工学教育期間となります。

 第2学年後期から配属される専門コースの決定に際して、本人の希望、適性、1年次の総合成績・2年次前期の成績の結果等を慎重に考慮します。

 1年半の間、じっくり勉強して、志望する専門コースを決定することになりますが、希望調査は1年半の間で3回実施します。専門コースの選択には教員からアドバイスも受けて自分に適したコースを考えることができます。

 但し、特定の専門コースに希望学生が集中し許容を超えるようであれば、希望の専門コースに配属されない場合があります。

 

Ⅱ 入学志願票等記入要領および出願上の注意事項について

1 入学志願票等記入要領

 ・ 本ページをよく読み、黒か青の万年筆かボールペンを用い、楷書で正確に記入してください。

 ・ 記入不備があれば受け付けできません。

 ・ 虚偽の記入があれば、入学後でも入学を取り消すことがあります。

 ・ 推薦選抜用入学志願票および受験票は、学力選抜試験を受けることとなった場合、そのまま使用します。    

※印の欄は記入しないでください。

入学志願票

(1) 選抜区分欄

 推薦選抜で不合格となった場合に、学力選抜の受験を希望する人は、「推薦選抜で不合格となった場合の学力選抜受験希望の有無」欄の「有」を○で囲んでください。希望しない場合は、「無」を○で囲んでください。(推薦選抜用のみ)

 (2) 検査会場欄

    希望の検査会場を○で囲んでください。

(3) 志願者欄

 ① 氏名欄

  氏名の上に必ず「ふりがな」をつけてください。漢字は楷書で戸籍の届出のとおりに書いてください。

 ② 現住所欄

  受験に関する連絡等は原則としてこの欄に記入された住所宛に行いますので、郵便物が確実に届くように正確に記入してください。

 ③ 入寮希望欄

   入寮希望の有無を○で囲んでください。

 ④ 出身校欄

  正式な学校名を記入してください。(○○市立○○中学校、学校法人○○学園○○中学校、○○大学附属○○中学校 等)

(4) 保護者欄

  現住所・電話番号欄

 志願者の住所と異なる場合のみ記入してください。

☆誤って志願票・写真票・受検票・入学検定料振込証明書を切り離してしまった場合は、テープ等で仮留めして提出してください。

合格通知用宛名票 

 合格通知・入学確約書用紙、入学手続日案内等の郵送に使用しますので、入学志願書の「志願者欄」に記入した現住所を記入してください。家庭の事情により不在が多い場合は、代わりに受領してもらえる人の住所を記入してください。例えば、出身学校(特定の教諭)気付等が考えられます。
  願書提出後に住所等に変更がありましたら、速やかに学生課教務係へ連絡してください。

2 調査書作成上の注意  

  •  生徒指導要録に基づき下記のことを遵守のうえ、作成してください。
  •  様式は、公立高等学校入学者選抜の際に作成する調査書と同一にし、出席日数は12月末時点で作成してください。

ただし、様式が複数枚に及ぶ場合は、学校長印で割印を押してください。この場合、割印がないものは受け付けられません。

  •  推薦選抜志願者においては、第2学年および第3学年の評定値の合計が3ページの出願資格を満たしているか確認してください。

3 評定一覧表(学習成績一覧表)

在籍学校長が作成したものを1部提出してください。

(1)  様式は、公立高等学校入学者選抜の際に作成する評定一覧表と同一にしてください。成績は学年全生徒について記載し、氏名は本校受検者のみ表示してください。学年全生徒の氏名を記載する場合は、本校受験者に蛍光ペン等で印をつけてください。
なお、評定分布表の提出は必要ありません。

(2)  提出期限  平成29年2月8日(水) 午後4時まで

(3)  提 出 先  〒836-8585 福岡県大牟田市東萩尾町150

有明工業高等専門学校 学生課教務係

4 出願上の注意事項 

(1)  入学願書受け付けは原則として郵送のみとします。(やむを得ず持参する場合も、受検票の即日交付は行いません。)

(2)  出願手続き後は、書類の返却および記載事項の変更を認めません。

 (3)  出願に際して不明な点があれば、本冊子裏表紙に記載の問い合わせ先へ連絡してください。

(4)  身体に障がい等のある入学志願者との事前相談

 本校に入学を志願する人で、身体に障がい等(視覚障がい、聴覚障がい、肢体不自由、

 病弱、アレルギー等)があり、受検上および修学上(入寮希望者は寮生活を含む)特別な

 配慮を必要とする場合は、必ず相談してください。

   ① 相談の時期

      平成28年11月末日まで

   ② 相談の方法

      医師の診断書または身体障害者手帳の写しと必要事項を記載した申請書(様式自由)を提出してください。必要な場合は、本校において志願者および保護者・学校関係者との面談を行うことがあります。
 なお、申請書は原則として在籍(出身)学校を経由して提出してください。

 「申請書記載事項」

 (ア) 氏名、出願方法、入寮希望の有無

 (イ) 障がい等の種類、程度

 (ウ) 受検上特別の配慮を希望する事項

 (エ) 修学上特別の配慮を希望する事項

 (オ) 在籍学校で取られていた特別の措置 

 (カ) 日常生活の状況

個人情報の保護について

入学志願者から提出された関係書類に記載されている情報および選抜に用いた成績・評価など取得した個人情報は、入学者選抜の資料としての利用および次の目的以外には使用しません。

  (1)  入学後の教育・指導及び緊急連絡先

  (2) 入学料・授業料の免除申請の審査

  (3) 奨学金申請の審査

  (4) 本校および国立高等専門学校全体の教育制度・入学者選抜制度の改善のための調査・研究

募集要項(A推薦による選抜)

A 推薦による選抜

1 募集人員

学 科

募集人員

創造工学科

100名程度

2 出願資格

(1) 平成29年3月に中学校を卒業見込み(中等教育学校の前期課程または義務教育学校後期課程修了見込み)の人、および文部科学大臣が中学校の課程と同等課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了見込みの人

(2) 合格した場合、入学することを確約できる人

(3) 下記条件を全て満たし、在籍学校長が責任を持って推薦できる人

  ア 人物が優れていて、技術者としての適性が認められる人

  イ 中学校における第2学年および第3学年またはそれに該当する学年の5段階評定(絶対評価)による9教科の学習成績の合計が72以上の人

 

3 入学願書受付 

受付期間

平成29年1月10日(火)から1月13日(金)まで(必着)

原則として郵送(書留) のみとします。

やむを得ず持参する場合は、出願書類確認後、後日受検票を郵送します。

郵 送 先

〒836-8585  福岡県大牟田市東萩尾町150

有明工業高等専門学校 学生課教務係

4 出願手続 

   次の書類を作成し、在籍学校を経て本校学生課教務係へ郵送してください。
   なお、在籍学校で複数人分をまとめて提出する場合は、志願者ごとに次の出願書類等を(1)~(8)の順にそろえてクリップ留めしてください。

出願書類等

摘     要

志願者が作成するもの

(1)入学志願票

本校所定の用紙に、「入学志願票等記入要領」をよく読んで必要事項を記入してください。

(2)写真票

本校所定の用紙に氏名、生年月日、「学力による選抜」欄および在籍学校名を記入してください。また、出願前3ヶ月以内に撮影した正面・上半身・脱帽の、縦40mm×横30mm程度の写真を、裏面に氏名を記入して貼り付けてください。

(3)受検票

本校所定の用紙に、氏名、「推薦による選抜」欄および「学力による選抜」欄を記入してください。

(4)入学検定料

・銀行から振り込む場合(ゆうちょ銀行以外)

本要項に綴り込みの「振込書」により志願者本人の氏名で

16,500円を振り込みの後、「入学検定料振込証明書(学校提出用)」を「入学検定料振込証明書」貼付欄に貼り付けてください。

・郵便局(ゆうちょ銀行)から振り込む場合

18ページに記載の「入学検定料を郵便局(ゆうちょ銀行)から振り込む場合の注意点」を参照のうえ振り込みの後、「振替払出請求書預金口座振替による振込受付書」を「入学検定料振替証明書」貼付欄に貼り付けてください。

(5)受検票

送付用封筒

必ず受検票送付用封筒(本校所定の封筒)に送付先の住所、氏名および郵便番号を明記し、362円分の切手を貼り付けてください。

この宛先に受検票を郵送します。

なお、送付先を在籍学校とする場合は封筒裏面に全員分の受検者名を記入してください。受検票が2~7名分までは420円分の切手、8~14名分までは485円分の切手14名以上は530円分の切手を貼り付けてください。

(6)合格通知用

宛名票

本校所定の用紙に必要事項を記入してください。

郵便切手を貼る必要はありません。

在籍学校が

  作成するもの

(7)推薦書

本校所定の該当する推薦書用紙を用い、裏面の「記入要領」に従って在籍学校長が作成してください。

本校ホームページの こちら(word形式) から取得することもできます。

(8)調査書

各都道府県立高等学校入学者選抜要項にある調査書を使用してください。作成にあたっては、必ず11ページを参照してください。

(9)評定一覧表

平成29年2月8日(水)午後4時までに各校1部提出してください。なお、詳細は11ページを参照してください。

(出願上の注意)

 (1) 出願書類等に不備がある場合は、受け付けできません。

 (2) 出願書類等の郵送は、必ず入学願書送付用封筒(本校所定の封筒)を使用し、書留郵便としてください。

 (3) 納付された入学検定料は、返還できません。ただし、次の要件のいずれかに該当する場合は、納入済みの入学検定料を返還します。

  ①入学検定料を振り込んだが本校に出願しなかった場合。(出願書類を提出しなかった又は出願を受理されなかった)

  ②入学検定料を誤って二重に振り込んだ場合。

 

 上記の入学検定料返還要件に該当する場合は、別紙様式により必要事項を記入後、出願予定の選抜試験の願書受付期間終了後に学生課教務係まで速やかに連絡願います

  連絡先:〒836-8585 大牟田市東萩尾町150

       有明工業高等専門学校 学生課教務係

       TEL:0944-53-8622 FAX:0944-53-8862

 

5 推薦選抜の方法 

   入学者の選抜は、面接の結果、推薦書および調査書を総合して行います。

 

6 面接の日時・場所

面接日時

平成29年1月21日(土)  9時30分~/13時00分~

場  所

有明工業高等専門学校 大牟田市東萩尾町150

☆推薦による面接の会場は、本校(有明高専)のみです。

 

7 面接当日の注意事項 

 (1)  面接当日(1月21日(土))の集合時間・場所については、受検票送付時に通知します。

 (2)  受検票を必ず持参してください。

 (3)  上履きは必要ありません。

 (4)  受検のための宿舎の斡旋は行っていません。

 

8 選抜結果の通知 

 選抜の結果は、平成29年1月27日(金)に合格内定者および在籍学校長に文書で通知(当日発送)するほか、午前10時に本校学生課前に合格内定者の受検番号を掲示します。正式には合格内定通知書で確認してください。

(電話による問い合わせには応じられません。)

 

9 入学確約書の提出 

    合格内定通知を受けた人は、平成29年2月3日(金)午後4時まで(郵送の場合も同日午後4時必着)に、本校学生課教務係へ「入学確約書」を提出してください。期限内に「入学確約書」を提出しない場合は、入学の意志がないものとして取り扱います。

 

10 推薦選抜に不合格となった場合の学力選抜受検の取り扱い 

  推薦選抜を受検し、不合格となった場合は、希望により「学力による選抜」を受検することができます。この場合、新たな手続きは必要ありません。

 学力検査当日(2月19日(日))は、推薦選抜受検時の受検票を持参してください。

 なお、学力選抜における検査会場は、推薦選抜の受検票に記入している「学力による選抜」欄の検査会場となります。

 

11 合格者発表 

 (1) 発表日時

  平成29年2月27日(月) 午前10時

 (2) 発表方法

  本校学生課前に合格者の受験番号を掲示するほか、合格者本人にのみ文書(合格通知書)で通知(当日発送)します。

  また、同時刻に本校のホームページ(https://www.ariake-nct.ac.jp/)の「入学案内」に合格者の受検番号を掲載します。正式には合格通知書で確認してください。

  (電話による問い合わせには応じられません。)

 

12 入学手続                

  「入学確約書」を提出した人は、3月8日(水)に本校で入学説明会を実施しますので、保護者同伴で出校してください。詳細は、合格通知書に同封する「入学説明会の実施について」でお知らせします。

 なお、当日出校しない場合は、入学の意志がないものとして合格を取り消すことがあります。

 

募集要項(B学力による選抜)

B 学力による選抜

1 出願資格 

 (1) 中学校を卒業した(中等教育学校前期課程または義務教育学校後期課程を修了した)人または平成29年3月に中学校を卒業見込み(中等教育学校前期課程または義務教育学校後期課程を修了見込み)の人

 (2) 中学校卒業と同等以上の学力があると認められた人(学校教育法施行規則第95条に該当する人)

2 入学願書受付 

受付期間

平成29年1月30日(月)から2月3日(金)まで(必着)

原則として郵送 (書留)のみとします。 

やむを得ず持参する場合は、出願書類確認後、後日受検票を郵送します。

郵 送 先

〒836-8585  福岡県大牟田市東萩尾町150

有明工業高等専門学校 学生課教務係

3 出願手続 

  次の書類を作成し、在籍(出身)学校を経て本校学生課教務係へ郵送してください。

  なお、在籍(出身)学校で複数人分をまとめて提出する場合は、志願者ごとに次の出願書類等を(1)~(7)の順にそろえてクリップ留めしてください。

  また、高等学校その他諸学校に在学中の志願者は、学校長の受検許可証(様式任意)も添えてください。

出願書類等

摘    要

志願者が作成するもの

(1)入学志願票

本校所定の用紙に、「入学志願票等記入要領」をよく読んで必要事項を記入してください。

(2)写 真 票

本校所定の用紙に検査会場、氏名、生年月日および在籍学校名を記入してください。また、出願前3ヶ月以内に撮影した正面・上半身・脱帽の、縦40mm×横30mm程度の写真を、裏面に氏名を記入して貼り付けてください。

(3)受 検 票

本校所定の用紙に、検査会場、氏名を記入してください。

(4)入学検定料

・銀行から振り込む場合(ゆうちょ銀行以外)

本要項に綴り込みの「振込書」により志願者本人の氏名で

16,500円を振り込みの後、「入学検定料振込証明書(学校提出用)」を「入学検定料振込証明書」貼付欄に貼り付けてください。

・郵便局(ゆうちょ銀行)から振り込む場合

18ページに記載の「入学検定料を郵便局(ゆうちょ銀行)から振り込む場合の注意点」を参照のうえ振り込みの後、「振替払出請求書預金口座振替による振込受付書」を「入学検定料振替証明書」貼付欄に貼り付けてください。

(5)受 検 票

送付用封筒

必ず受検票送付用封筒(本校所定の封筒)に送付先の住所、氏名および郵便番号を明記し、362円分の切手を貼り付けてください。

この宛先に受検票を郵送します。

なお、送付先を在籍学校とする場合は封筒裏面に全員分の受検者名を記入してください。受検票が2~7名分までは420円分の切手、8~14名分までは485円分の切手14名以上は530円分の切手を貼り付けてください。。

(6)合格通知用

  宛名票

本校所定の用紙に必要事項を記入してください。

郵便切手を貼る必要はありません。

在籍(出身)学校が作成するもの

(7)調 査 書

各都道府県立高等学校入学者選抜要項にある調査書を使用してください。作成にあたっては、必ず11ページを参照してください。

出願資格が「1 出願資格」の(2)に該当する人は、履修証明書または成績証明書を提出してください。

(8)評定一覧表

平成29年2月8日(水)午後4時までに各校1部提出してください。なお、詳細は11ページを参照してください。

(出願上の注意)

 (1)  出願書類等に不備がある場合は、受け付けできません。

 (2)  出願書類等の郵送は、必ず入学願書送付用封筒(本校所定の封筒)を使用し、書留郵便としてください。

 (3)  納付された入学検定料は、返還できません。ただし、次の要件のいずれかに該当する場合は、納入済みの入学検定料を返還します。

  ①入学検定料を振り込んだが本校に出願しなかった場合。(出願書類を提出しなかった又は出願を受理されなかった)

  ② 入学検定料を誤って二重に振り込んだ場合。

  上記の入学検定料返還要件に該当する場合は、別紙様式により必要事項を記入後、出願予定の選抜試験の願書受付期間終了後に学生課教務係まで速やかに連絡願います

  連絡先:〒836-8585 大牟田市東萩尾町150

       有明工業高等専門学校 学生課教務係

       TEL:0944-53-8622 FAX:0944-53-8862

4 学力選抜の方法 

 (1) 入学者の選抜は、学力検査の結果および調査書を総合して行います。

 (2) 学力検査はマークシート方式を採用し、理科、英語、数学、国語および社会の5教科について実施します。

5 学力検査の日時・場所

検査日時

平成29年2月19日(日)  8時50分~

場   所

大牟田会場

有明工業高等専門学校

大牟田市東萩尾町150

福岡会場

代々木ゼミナール福岡校

  福岡市博多区博多駅前4-2-25

時 間 割

理  科

 9:30 ~ 10:20

英  語

10:40 ~ 11:30

数  学

11:50 ~ 12:40

国  語

13:30 ~ 14:20

社  会

14:40 ~ 15:30

  ☆学力検査会場の詳細は9ページの案内図を参照してください。

6 学力検査当日の注意事項 

 (1)  大牟田会場(有明高専)での受検生は学生課前、福岡会場(代々木ゼミナール福岡校)での受検生は会場内の掲示等を確認して、午前8時50分までに指定された検査室に入室してください。検査室は午前8時30分から入室できます。

 (2)  検査開始後20分以内に検査室に到着した場合、その教科の受検は認めますが、検査時間の延長は行いません。

 (3)  検査開始後20分を経過した後に検査室に到着した場合は、その教科の受検を認めません。

 (4)  検査時間中は、やむを得ない場合を除き、検査室から退室することはできません。

 (5)  受検票、筆記用具および弁当を持参してください。

 (6)  上履きは必要ありません。

 (7)  検査室では、黒鉛筆(HB)、シャープペンシル、鉛筆削り、消しゴムおよび腕時計(時計機能のみ)以外は使用できません。解答用紙には黒鉛筆(HB)を使用し、シャープペンシルはメモや計算を行うときに使用してください。

 (8)     携帯電話・スマートフォン・タブレット端末等の電源は切って、カバンの中にしまってください。腕時計型や眼鏡型などのウェアラブル端末も身につけておくことはできません。

 (9)  大牟田会場は駐車場の確保が難しいので、できるだけ公共の交通機関を利用してください。また、福岡会場には駐車場はありません。

 (10)  受検のための宿舎の斡旋は行っていません。

7 解答の公表 

 検査問題の解答は、学力検査当日(2月21日(日))15時30分以降に、大牟田会場(有明高専)では学生課前、福岡会場(代々木ゼミナール福岡校)では会場内に掲示します。

8 合格者発表 

(1) 発表日時

平成29年2月27日(月) 午前10時

(2) 発表方法

本校学生課前に合格者の受検番号を掲示するほか、合格者本人にのみ文書(合格通知書)で通知(当日発送)します。

また、同時刻に本校のホームページ(http://www.ariake-nct.ac.jp/)の「入学案内」 に合格者の受検番号を掲載します。正式には合格通知書で確認してください。

(電話による問い合わせには応じられません。)

9 入学確約書の提出 

 合格通知を受けた人は、平成29年3月6日(月)午後4時まで(郵送の場合も同日午後4時必着)に、学生課教務係へ「入学確約書」を提出してください。期限内に「入学確約書」を提出しない場合は、入学の意志がないものとして取り扱います。

10 入学手続 

 「入学確約書」を提出した人は、 3月8日(火)に本校で入学説明会を実施しますので、保護者同伴で出校してください。詳細は、合格通知書に同封する「入学説明会の実施について」でお知らせします。

なお、当日出校しない場合は、入学の意志がないものとして合格を取り消すことがあります。

11 入試成績開示 

 (1) 申請者

   「学力による選抜」の受検者本人に限ります。(代理人による申請は認めません。)

 (2) 開示内容

  ①学力検査の科目別得点

  ②総得点(学力検査の得点と調査書の評価点の合計点)

  ③合格最低点

 (3) 申請期間

    平成29年2月28日(火)から平成29年4月末日までとします。

    (窓口受付時間は、土・日・祝日を除く平日の9:00~17:00)

 (4) 申請方法・申請書類

  ①窓口で申請する場合

   開示を請求する受検者本人が来校して受検票(コピーは不可)を提示し、学生課の窓口で申請してください。

  ②郵送で申請する場合

   以下のものを学生課教務係宛に郵送してください。

    ・入試成績開示申請書(本校ホームページの「入学案内」からダウンロード可能)

       ・受検票(コピーは不可)

             ・返信用封筒(開示通知書送付用)

     長型3号の封筒に、本人の郵便番号・住所(入学願書記載の住所に限る)・氏名を明記のうえ、242円分の切手を貼り付けてください。

  (5) 申請手続きによる手数料の徴収はありません。

募集要項(学校案内)

Ⅳ 学校案内

 本校は昭和38年に創設され、中学卒業者を対象とした5年制の国立高等教育機関です。各学年の定員は200名で、学生総定員は1,000名です。卒業生は7,538名にのぼり、各分野において広く社会の期待に応えて活躍しています。高専を卒業すると、「準学士」という称号が授与されます。

   また、高専5年間の教育課程の上に、より高度な専門知識と技術を教授し、創造的な研究開発や先端技術に対応できる人材を育成するため、平成13年に2年制の専攻科課程が設置されました。専攻科課程を修了すれば、大学改革支援・学位授与機構から、「学士」の学位を取得できます。

1 校訓:「進取創造」「和神養素」「友愛協調」

 「進取創造」新たな価値を創造する能力を身に付け、社会や技術の変化に対応できる自己啓

発・向上能力に富み、国際社会で活躍できる実践的技術者を目指すこと。

 「和神養素」:平素から落ち着いて勉学に励み,幅広い工学基礎と豊かな教養を身につけ,一人

ひとりが、多様な個性・能力を伸ばし、自主的に学んでいくことができる実践的

技術者を目指すこと。

 「友愛協調」:個人としての責任を果たし、個人や社会の多様性を尊重し、お互いに支え合い、

社会に参画することができる人材および学際的技術分野で活躍するのに十分に優

れた協同活動能力をもつ実践的技術者を目指すこと。

2 教育理念と学習・教育到達目標 

 有明高専では教育理念として「幅広い工学基礎と豊かな教養を基盤に、創造性、多様性、学際性、国際性に富む実践的な高度技術者の育成を目指す」と定めています。この教育理念にしたがって、人に優しい、自然と共存できる技術の開発に携わり、環境問題・食糧問題・エネルギー問題・自然災害問題・高齢化社会問題・都市問題など今日的な諸課題について柔軟に対応できる技術者を育成することを目指しています。そのために以下の学習・教育到達目標を掲げています。

学習・教育到達目標

(A)豊かな教養と国際性

(A-1) 考察力:地球的視野から物事を多面的に理解できること。

(A-2) 倫理観:社会や自然の中での技術の役割を理解し、技術者としての責任を自覚できること。

(A-3) コミュニケーション能力:適切かつ円滑に読解・表現ができること。

(B)専門知識と学際性

(B-1) 基礎知識:専門分野の基礎となる内容を理解していること。

(B-2) 専門知識:専門分野の内容を理解していること。

(B-3) 実践力:実験・実習等の内容を理解・実行・考察できること。

(B-4) 学際的知識:様々な分野の知識と技術を理解し、複合的に活用するための視野をもつていること。

(C)創造性とデザイン能力

(C-1) 課題探究力:自ら課題を発見し、その本質を理解できること。

(C-2) 課題解決力:身につけた教養と実践力を活用し、課題を解決できること。

 

3 創造工学科の養成する人材像                           

 1) 幅広い工学に関する基礎知識と主体性を身につけた技術者

 2) 専門工学に関する高度な知識と創造性に富み実践力を身につけた技術者

 3) 自己啓発・向上能力に富み、「ものづくり」を通して社会の発展に貢献できる技術者

 4) 多様な価値観を理解し、学際的な技術分野で活躍できる技術者

 5) 国際社会で活躍できる広い視野と教養をもつ技術者

4 各系・コースの養成する人材像                         

 創造工学科は、エネルギーコース、応用化学コース、環境生命コースからなる環境・エネルギー工学系およびメカニクスコース、情報システムコース、建築コースからなる人間・福祉工学系の2系・6コースで構成されています。                                                        

(1)環境・エネルギー工学系 

自然と向き合い、環境問題、エネルギー問題および食糧問題などの諸課題に取り組む技術者の育成                                                                                  

・エネルギーコース

 1) エネルギー関連工学に関する基礎学力および基礎技術力をもつ技術者

 2) エネルギーの発生・変換に関する知識と技術を駆使し、持続可能な社会を築くために貢献でき

る実践的技術者

 3) エネルギー生産と消費の現状に関する知識を身につけ、エネルギー問題などの世界的社会ニー

ズに対応できる技術者                                                            

・応用化学コース

 1) 応用化学に関する基礎学力および基礎技術力をもつ技術者

 2) 自然環境の諸課題に対する化学の役割を認識し、これらの解決に貢献できる実践的技術者

 3) 化学に関連する幅広い工学基礎知識を身につけ、環境問題などの地球規模の社会ニーズに対応

できる技術者
 

・環境生命コース

 1) 環境工学や生命工学に関する基礎学力および基礎技術力をもつ技術者

 2) 生体分子および生命現象を理解し、その知識を利用することでさまざまな地球環境問題に貢献

できる実践的技術者

 3) 環境や生命に関連する幅広い工学基礎知識を身につけ、食糧問題などの多様化する社会ニーズ

に対応できる技術者

(2)人間・福祉工学系

人々の生活の質の向上を目指して、都市問題、高齢化社会問題などの諸課題に取り組む技術者の育成                                                            

・メカニクスコース 

 1) 機械工学に関する基礎学力および基礎技術力をもつ技術者

 2) 人間社会と知能機械の共存による福祉社会の実現を認識し、インテリジェントな機械技術を駆

使して社会問題に貢献できる実践的技術者

 3) 機械工学に関連する福祉工学やエレクトロニクスの基礎知識を身につけ、高齢化社会問題など

の地域社会ニーズに対応できる技術者

 

・情報システムコース

 1) 情報システムに関する基礎学力および基礎技術力をもつ技術者

 2) 情報システムの構築を通して人々の生活の質の向上に貢献できる実践的技術者

 3) 情報システムとその周辺分野の知識を身につけ、人間社会の情報通信技術ニーズに対応できる

技術者

 

・建築コース

 1) 建築に関する基礎学力および基礎技術力をもつ技術者

 2) 建築学と人間社会の関連を認識し、安全で、豊かで、魅力的な人々の生活環境を創造すること

に貢献できる実践的技術者

 3) 建築学と関連工学分野の知識を身につけ、都市問題などの地域社会ニーズに対応できる技術者

 

5 教育課程  

  授業科目は、一般科目と専門科目に分かれており、以下のとおりを予定しています。

01

6 経費・免除制度・奨学金・学生寮

 (1) 入学に要する諸経費 

費  目

金  額

納付時期

(1) 入学料、授業料

○入学料 納付金額

○授業料 納付金額(前期分)

 

84,600円

117,300円

 

入学手続日まで

8月下旬(1年前期まで)(年額234,600円)

(2) 教科書等購入費(教材等を含む)

約80,000円

入学説明会及び入学式当日

(3) 学生会入会金

2,000円

3月31日まで(会費年額4,000円は、前・後期授業料と一緒に2回に分けて口座引落)

(4) 学生傷害保険掛金

10,000円

3月31日まで(5年間一括納入)

(5) その他の経費

約53,000円

3月31日まで

☆ 上記(1)の入学料・授業料納付金額は予定額であり、入学時および在学中に学生納付金改定が行われた場合には、改定時から新たな納付金額が適用されます。

☆ 上記以外に「日本スポーツ振興センター保護者負担金」として年額1,520円(予定額)を前期分の授業料と一緒に口座引落にて徴収します。

☆ 合格通知書送付時に諸経費等の詳細説明書を同封します。

 

 (2) 入学料免除・徴収猶予制度

  入学前1年以内において、入学する者の学資を主として負担している者(学資負担者)が死亡した場合、または入学する者もしくは学資負担者が風水害等の災害を受けた場合など、特別な事情により入学料の納付が著しく困難であると認められる者には、申請に基づき選考のうえ、入学料の全額または半額を免除すること、あるいは、その徴収を猶予することがあります。

 (3) 就学支援金

  1~3年生については、高等学校と同等の就学支援金制度が適用されます。

  就学支援金は、保護者の「市町村民税所得割額」が304,200円未満の世帯で在籍36ヶ月(休学・留学を除き)までの学生が対象です。

  ただし、就学支援金は、学生又は世帯に交付されるものではなく、授業料から減額されるものです。

 (4) 授業料免除・徴収猶予制度

  4年生以上で経済的理由により授業料の納付が困難であり、かつ学業優秀と認められる者、入学前1年以内において学資負担者が死亡した者、風水害等による災害を受け納付困難と認められる者には申請に基づき選考のうえ、授業料の全額または半額を免除すること、あるいは、その徴収を猶予することがあります。

 (5) 奨学金制度

  人物・学業成績ともに優れ、かつ、経済的理由により修学が困難な学生に対し、申請に基づき選考のうえ、学資を貸与するまたは給付する制度があります。下の表は日本学生支援機構の奨学金を例に挙げています。

 

自宅通学

自宅外通学

1~3学年

10,000円または21,000円

10,000円または22,500円

4・5学年

30,000円または45,000円

30,000円または51,000円

  (H27年度参考)第一種奨学金(月額)

 (6) 学 生 寮 

    男子寮および女子寮があり、男子学生220名と女子学生67名が在寮(H28.4時点)しています。寮費は月額約35,000円(食費を含む)、寄宿料は月額700円または800円です。入寮希望者が収容可能人員を超えた場合は選考を行うことがあります。

また、疾病その他の理由により寮での共同生活に適さないと認められる場合は入寮できないこともあります。

7 卒業後の進路 

 (1) 就職 

   本校は、昭和43年3月から卒業生を送り出し、多くの卒業生が産業界で活躍しています。

    例年数多くの会社から求人があり、就職希望者の就職率は毎年ほぼ100%です。

 

過 去 3 年 の 卒 業 生 の 主 な 就 職 先

 

(株)IHI 旭化成(株) アマゾンジャパン(株) 出光興産(株) ANAラインメンテナンステクニクス(株)

NECフィールディング(株) (株)NTTデータ (株)NTTファシリティーズ九州 大阪ガス(株)

(株)大林組 花王(株) 鹿島建設(株) 木村情報技術(株) キヤノン(株) 九州電力(株)

九州旅客鉄道(株) 京セラ(株) 沢井製薬(株) 三洋化成工業(株) JNC(株) JFEスチール(株)

(株) シマノ ジャパンマリンユナイテッド(株) 昭和電工(株) 新日鐵住金(株)

セイコーエプソン(株) ダイキン工業(株) ダイダン(株) 大日精化工業(株) ダイハツ工業(株)

(株)タカギ 高砂熱学工業(株) (株)竹中工務店 中部電力(株) DIC(株) 東海旅客鉄道(株)

東京ガス(株) 東燃ゼネラル石油(株) (株)東洋新薬 東レ(株) 凸版印刷(株) トヨタ自動車(株)

西日本旅客鉄道(株) 西日本高速道路㈱ 日東電工(株) ニプロ(株) 日本車輌(株)

(株)日本触媒 日本電子(株) 日立造船(株) ファナック(株) 福岡市役所 富士電機(株)

本田技研工業(株) 松井建設(株) マツダ(株) 三井化学(株) 三井金属鉱業(株)

三菱電機エンジニアリング(株) 村田機械(株) (株)明治 (株)安川電機 ヤンマー建機(株)

(株)ロッテ 和光純薬工業(株)

 

 (2) 進学 

    卒業後、もっと勉強を望む学生のために高専専攻科への進学や4年制大学3年次への編入学の道が開かれています。最近5年間の状況は次の表のとおりです。

 

卒 業 生 の 主 な 進 学 先

進学年度

専攻科・大学名

24年度

25年度

26年度

27年度

28年度

有明高専専攻科

32

19

29

31

29

その他の高専専攻科

1

 

1

 

 

長岡技術科学大学

1

 

 

 

 

豊橋技術科学大学

8

5

7

2

4

九 州 大 学

4

1

1

2

1

九州工業大学

5

4

3

6

2

北九州市立大学

 

 

 

1

 

佐 賀 大 学

 

2

3

6

2

熊 本 大 学

2

5

5

5

6

大 分 大 学

1

1

1

1

 

宮 崎 大 学

1

2

 

 

 

鹿 児 島 大 学

3

1

1

1

2

そ  の  他

7

5

4

1

4

合     計

65

45

55

56

50

 

入試倍率

平成29年度
  創造工学科
総志願者数  353 (72)
合格者数  210 (55)
倍率  1.8
推薦志願者数  134 (48)
推薦合格者数  101 (40)
平成28年度
  創造工学科
総志願者数  356 (72)
合格者数  210 (56)
倍率  1.8
推薦志願者数  114 (44)
推薦合格者数  100 (41)
平成27年度
  機械工学科 電気工学科 電子情報工学科 物質工学科 建築学科 合計
総志願者数 69(7) 50(4) 65(6) 61(20) 68(23) 313(60)
合格者数 41(5) 42(4) 42(4) 42(15) 42(16) 209(44)
倍率 1.7 1.3 1.6 1.5 1.7 1.6
推薦志願者数 18(3) 6(1) 17(2) 10(5) 25(11) 76(22)
推薦合格者数 16(3) 6(1) 15(2) 10(5) 16(8) 63(19)
平成26年度
  機械工学科 電気工学科 電子情報工学科 物質工学科 建築学科 合計
総志願者数 69(1) 58(5) 85(18) 64(28) 74(24) 350(76)
合格者数 41(0) 42(4) 42(13) 41(20) 42(16) 208(53)
倍率 1.7 1.5 2.1 1.6 1.9 1.8
推薦志願者数 11(0) 19(3) 18(5) 25(20) 25(13) 98(41)
推薦合格者数 11(0) 17(3) 16(4) 17(13) 16(9) 77(29)
平成25年度
  機械工学科 電気工学科 電子情報工学科 物質工学科 建築学科 合計
総志願者数 76(3) 57(1) 85(11) 90(39) 77(25) 385(79)
合格者数 42(2) 42(2) 43(6) 41(19) 42(16) 210(45)
倍率 1.9 1.4 2.1 2.3 1.9 1.9
推薦志願者数 19(1) 15(1) 13(5) 30(16) 21(11) 98(34)
推薦合格者数 16(1) 14(1) 13(5) 16(7) 16(9) 75(22)
 

過去の学力検査問題

志願状況

平成29年2月3日(金)現在

推薦選抜願書受付数 創造工学科
1月10日受付分 43 (20)
1月11日受付分 57 (19)
1月12日受付分 31 (9)
1月13日受付分 3(0)
推薦選抜志願者数 134 (48)

 (  )内は女子で内数

学力選抜願書受付数 創造工学科
1月30日受付分 87 (10)
1月31日受付分 77 (7)
2月 1日受付分 43 (5)
2月 2日受付分 12 (2)
2月 3日受付分 0 (0)
学力選抜志願者数※ 219 (24)

 (  )内は女子で内数

※上記志願者数には、推薦選抜の志願者で学力選抜を受検する者の数を含まない。