日本スポーツ振興センター災害救済給付

日本スポーツ振興センター災害給付制度

 日本スポーツ振興センター災害給付制度とは,学校管理下における学生の負傷,疾病,障害又は死亡等があった場合,保護者に対して必要な給付を行い,学校教育の円滑な実施に資することを目的とした制度です。

1.給付の対象となる災害の範囲と給付金額

災害の

種 類

災  害  の  範  囲

給  付  金  額

負 傷

学校の管理下の事由によるもので,初診から治ゆまでの療養に要した費用の総額(医療保険でいう10割分)が5,000円以上のもの

医療費

・医療保険並の療養に要する費用の額の 4/10 (そのうち1/10の分は,療養に伴って要する費用として加算される分) ただし,高額療養費の対象となる場合は,自己負担額(所得区分により限度額が定められている)に「療養に要する費用月額」の1/10を加算した額

・入院時食事療養費の標準負担額がある場合はその額を加算

疾 病

 

学校の管理下の事由によるもので,初診から治ゆまでの療養に要する費用の総額(医療保険でいう10割分)が5,000円以上のもののうち,文部科学省令で定めるもの

●学校給食等に因る中毒・ガス等に因る中毒

●熱中症・溺水・異物の嚥下・漆等に因る皮膚炎

●外部衝撃等に因る疾病・負傷に因る疾病

障 害

学校の管理下の負傷及び上欄の疾病が治った後に残った障害で,その程度により1級から14級に区分される。

障害見舞金

3,770万円~82万円

[通学中の災害の場合1,885万円~41万円]

死 亡

学校の管理下の事由による死亡及び上欄の疾病に直接起因する死亡

死亡見舞金

2.800万円 [通学中の場合1,400万円] 

突然死

学校の管理下において運動などの行為と関連なしに発生したもの

死亡見舞金

1,400万円 [通学中の場合も同額]

学校の管理下において運動などの行為が起因あるいは誘因となって発生したもの。

死亡見舞金

  2,800万円[通学中の場合1,400万円]

 なお,上表のほか,災害共済給付の附帯業務として,損害賠償を受けたことなどにより死亡見舞金を支給しないものに対する供花料(17万円)の支給,へき地学校の児童生徒の災害に対し,通院日数に応じ,通院費(1日当たり定額1,000円)の支給があります。

2.学校管理下の範囲

 ①学校が編成した教育課程に基づく授業を受けている場合。

 ②学校の教育計画に基づく課外指導を受けている場合。

 ③休憩時間に学校にある場合,及び校長の指示又は承認に基づいて学校にある場合。

 ④通常の経路及び方法により通学する場合。

 ⑤学校外で授業等が行われるとき,その場所,集合・解散場所と住居・寄宿舎との合理的な経路,方法による往復中。

 ⑥学校の寄宿舎(学寮)にいるとき。

3.災害共済給付の全部または一部が行われない場合

 ①第三者の加害行為による災害で,その加害者から損害賠償を受けたとき。(対自動車交通事故など)。

 ②他の法令の規定による給付等を受けられるとき。

 ③非常災害(地震,津波,洪水など)で一度に大勢の学生が災害に遭い,給付金の支払いが困難になったとき。

 ④学生の故意等による災害および重過失による災害。

4.給付金の支払い

 総務課経理係から当該学生保護者の銀行預金口座に振込まれる。

5.その他

 災害共済給付金の支払い請求手続きは毎月5日までに書類作成しなければならない。また,災害給付金の支払い請求には時効があるので,以上の要項に該当すると思われる災害が発生した場合は,速やかに保健室に届け出て所定の手続きをとること。