グローバルエンジニア育成事業

高専機構が進めるグローバルエンジニア育成事業のうち、
低年次学生を対象とする基礎力養成プログラムとして
本校の「海外研修をスプリングボードとした低学年次における
グローバルエンジニア養成プログラム
」が採択されました。

本プログラムは、
どのような環境においても、英語をコミュニケーションツールとしながら
自律的・自発的に行動できるグローバルエンジニア(国内外を問わず異なる
価値観を持つ人とともに働ける技術者)としての基礎力養成を目標としたものです。

1)英語力、2)異文化受容力、3)工学知識、4)自立的行動力と社会性
の各項目の基礎を学生たちが獲得できるようにするため、令和元年度から以下の
取組を行っています。

1)英語力
外国人を講師とした会話に主眼を置いた少人数コミュニケーション授業の実施
英文多読を授業に導入して基礎的語彙力を強化
e-learning教材を導入し、いつでもどこでも英語の学習ができる環境を実現
自分の英語力を知るためのTOEIC Bridgeテストを各学年で実施

 

2)異文化受容力
2年次に学生全員参加のシンガポール研修を実施(予定)
SDGs(持続可能な開発目標)マインドを育てるイベントの実施
海外からの受入学生との交流機会の増加

 

3)工学知識
外国人講師による、英語による基礎的理工系科目授業の実施
上級生での海外の大学・企業へのインターンシップ派遣の拡大

 

4) 自律的行動力と社会性
学生向け危機管理オリエンテーションの実施
責任ある行動ができる社会人となるための基本を学ぶ高専生活

 

これまでの取組については、こちらをご覧下さい。